ここが大切!審査で見られるポイントとは?

申込書に正しい情報が記載されているか

カードローンの申し込みをするには、名前や住所と電話での連絡先以外に、勤務先や収入等の情報も記載します。返済能力の有無を調べるには、会社の規模やどのくらいのお金を支払いに回せるかも重要になるからです。一字一句正確に記載しましょう。電話番号や住所を入力する時に、勘違いで間違うこともありますので、十分注意するようにしてください。ちょっとした不注意で一字でも間違ってしまった場合に、審査落ちすることもあります。注意力が散漫で信用ができないこともありますし、お金の契約に関することですので、少しの間違いも許されないのです。心配な場合は、修正が難しい手書きでの申し込みよりも、インターネットや契約機からの手続きを利用するといいでしょう。後から見直せて、修正する場合も簡単に入力の訂正ができます。

借入やクレジットカードの返済履歴にも注意

カードローンの審査を受ける際には、担保も保証人も必要ないので、本人の信用だけで判断されます。特に信用情報の内容については、大きな比重が置かれます。今まで契約をした借入やクレジットカード、携帯電話機種などの分割購入の情報が記載されていて、それまでの利用歴が判明します。利用している金額だけでなく、月々の支払い方も容易に判明するため、支払いが遅延しがちな人や延滞をしている人、債務整理をして、規定の期間が経っていない人などが分かるようになっています。そのような事故情報が記載されている人は、審査落ちをする可能性が高くなります。また、収入が比較的高く、問題なく支払いをしている人でも、複数社から借入をしていたり、非常に高いキャッシング枠が付いている場合は、お金に窮しているのではないかとか、返済はできるのかと印象を持たれ、審査落ちすることもあります。

© Copyright Activate Your Card. All Rights Reserved.